キャッシングの金利

考えて借りるようにする

カードローンの金利は高いと言われます。無担保融資ですから高いのは当然ですが、ちょっとした工夫で安くすることは可能です。しかし、そのためには最初の契約の際からある程度戦略的な業者選定が必要になります。

 

カードローンを取り扱っているのは、銀行と信販会社です。どちらが有利かといえば銀行です。もし、給与振込をしている銀行があれば、そこでカードローンの申込をすると融資限度額も高くなり、金利も下がります。銀行は、既存の取引が多い顧客を大切にするためです。

 

信販会社は、銀行より金利面で不利になります。カードローンの金利は、融資限度額と反比例していますから、金利を安くしようと思ったら融資限度額を少しでも高くしてもらう必要があるのです。

 

信販会社と銀行の違いは、総量規制という融資規制があるか否かです。信販会社は業法の関係上、契約者の年収の3分の1以上の貸付ができません。しかも、他の無担保貸付との合計で年収の3分の1ですから、融資限度額は低くなるのです。

 

そのため、利息支払を少しでも少なくしようと考えたら、まず銀行に申込をすることがベターです。ただし、銀行は顧客を選ぶという傾向がありますので、自分が納得できない融資限度額や利率だったら、次に信販会社に申込をしてみればいいのです。

 

消費者金融の利用から考えるなら、大手でスピーディに借りられる京都市プロミスも便利です。

 

便利なカードローン利用と気を付けたい点

カードローンは利用申請の簡易さとして保証人を立てる必要や担保が不要である事が挙げられ、多くの方が利用を行っています。また利用契約時に利用上限枠を設定した範囲内であれば、何度でも自由にキャッシングのサービスを受けられる点がメリットとして挙げられるのです。

 

この利用上限枠は宣伝などでは何百万もの金額を提示していますが、これは最大限度額を示しているもので、利用枠の設定は個人毎に異なっています。カードローンを利用する際にインターネット経由で利用申請を行いますが、利用する会社では安定した収入が有るか、或は他社などでローンの利用が無いかを調べた上で利用上限枠を設定するのです。

 

希望した利用枠に対して低い設定金額となる事も多く、利用実績などを見極めたうえで上限枠の見直しが行われる事となります。カードローンの利用出来る場所は幅広くて、例えば提携している金融機関のATMやコンビニエンスストアでも対応可能となっているのです。

 

この利便性の高さがキャッシング利用に対する慣れを引き起こし、貸出残高が多くなってしまうケースも有りますので注意が必要となります。借りる期間が長いほど元金にかかる金利は増えてゆき、返済総額が増加するからです。