キャッシングの金利

繰り返しの申し込みは危険

金融業者のカードローン審査に通る事で、キャッシングやローンによる借金が可能になるのですが、この時の審査で返済能力があるかどうかをチェックされます。

 

返済能力は年齢や年収、借金額や過去の返済履歴で確認されていきますが、ここで過去に返済滞納や遅延を繰り返してしまっているような方は、信用情報に傷がついた状態になっており、審査に通らなくなる可能性が高くなっています。

 

金融ブラックと言われるような状態で、業者が審査時に照会出来る情報に、悪い情報が記載されてしまっている状態で、こういうブラック状態になると、返済能力に疑問点を持たれてしまって、条件の良いメガバンクはもちろん、大手消費者金融のカードローン審査に通らない可能性が高いです。

 

ですから業者で借り入れを行う時や、光熱費等の支払関係等は、確実にルール通りに返済を行う事を意識しておいた方が安全で、遅延や延滞を繰り返せば信用情報に傷が入ってしまい、いざ住宅ローンを組みたくなったり、好条件のカードローン審査に挑んでも、審査に通らず良い条件での借金が出来なくなるリスクがあります。

 

ルールを守って返済していればカードを使って借金する事は問題無いですし、生活のサポートにもなってくれるものです、しかしルールを破るとしっぺ返しがあります。