キャッシングの金利

無駄なく使っていくには

まとまった現金が必要になり、カードローンを検索したりと情報収集している時に、目に飛び込んでくるのが利息。利息は借りる側にとって大変気になるものです。この利息によって、返済していくことがスムーズにいくか否かが、かかわってくるのですから。

 

テレビCMや広告で低金利と宣伝している大手銀行のカードローンは、年利3%~と確かに金利は低いです。あるネットバンクでは、年利3%にも満たないところがあり一際目立っています。しかし、この利息というのは一律ではなく、借りる金額や返済年数で計算されるものなので、みんながこの低金利で融資を受ける事ができるというわけではありません。

 

借りる金額が数十万円程度で返済年数も短いということであれば、この3%という利息にはなりません。あくまでも、借り入れが限度額に近い数百万円以上が対象であり、返済年数も長く設定されたローンを指しているのです。

 

なのでまとまった金額が必要ということであれば、このようなカードローンだと毎月の返済額も少なく設定されているので、負担が最小限に抑えられるのでオススメ。

 

逆に、ちょっとだけ必要ですぐに完済できるという時は、同じ銀行系カードローンで1週間無利息でキャッシングできるサービスがあるので、こちらを利用した方がムダがなくお得ですよ。

 

プロミスの限度額はどの程度か

プロミスにおける利用限度額は、たとえば自身がパートやアルバイトをおこなっていて、月の収入が10万円程度であった場合は、40万円ほどが限度となります。

 

これが普通のサラリーマンであった場合、たとえば年収が300万であった場合は100万ほどとなり、1000万円であれば333万円ほどとなります。

 

この計算は、収入の多い少ないとは関係なく、法律上、年収の3分の1ときまっているからであり、たとえばプロミスのフリーキャッシングの限度額は最高で500万円となっていますが、これは年収が1500万円を超えている方しかうけることができませんし、目的別ローンで学費や結婚資金を捻出するにしても最高額の300万円を得るには収入が900万円以上で無いとサービスはうけられません。

 

ちなみに利率は4.5~17.8%となっていますが、これから利息を計算するには、利用額×借入利率÷365日×ご利用日数となり、たとえば100万円を借りて利率が最高の17.8%、利用日数が三ヶ月(90日)であった場合は、1000000×0.178÷365×90となり、利息額は43890円となります。

 

また、どのような限度額の立場であっても、プロミスを利用する場合、50万円をこえる借入の場合や他社との合計利用残高が100万円を超える場合は収入を照明する書類が必要とされます。

 

手続きはネットでも行えますが、急ぎで借りるなら八女市プロミス契約機が良いでしょう。